【ミル・マスカラス】仮面貴族の素顔は?アランドロンor 谷村新司? 1971~ スキップしてメイン コンテンツに移動

【ミル・マスカラス】仮面貴族の素顔は?アランドロンor 谷村新司? 1971~

毎年夏休みに全日本プロレスにやってきて、『マスクプレゼント』だ『サイン会』だと、全国のプロレスのファンの煩悩を刺激し続けた『仮面貴族』ミル・マスカラス選手。今日はそんな彼の素顔についての噺です。


まだ見ぬ強豪ミル・マスカラス

ミル・マスカラス選手はメキシコのレスラーで、マスクマンです。その名前の意味は『千の顔を持つ男』というものです(実際に彼は試合のたびに異なるマスクを被っておりました)。華麗なコスチュームに包まれた身体は、ボディビルで美しくビルドアップされており、そのカッコよさというものは、試合で繰り出す華麗なる空中殺法と共に、母国メキシコのみならず、全米レベルで大変な人気を呼んでおりました。
そんなマスカラスを、日本のプロレス業界誌の『ゴング』は、事あるごとにグラビアで特集を組んでおりました。それにより彼は日本のプロレスファンの間でも『まだ見ぬ強豪』として広く認知されていったのです。

『悪魔仮面』から『仮面貴族』へ

マスカラス選手は1971年に待望の初来日を果たします。当初の彼の代名詞は『悪魔仮面』というものでした。当時の日本のプロレスは『外国人レスラー=悪者』という単純な構図で行われており、マスカラス選手も例外ではなかったのです。しかしながら日本デビュー戦で彼が見せた異次元プロレスと、その華麗なるビジュアルというものに、旧来の『外国人レスラー=悪者』『マスクマン=悪党』というイメージは吹き飛んでしまいました。マスカラス選手は外国人選手初の善玉選手として、その後も日本マットに登場し続けることになります。


ちなみにデビュー戦は星野勘太郎選手との一騎打ちでしたが、この時に被っていたマスクが現在行方不明なのです。マスクマニアによると、もしこれがどこかで発見されたら、鑑定額は500万円は下らないと言う話ですね。いやはや…。

代名詞マスク『トレード』


マスクの話を続けますが、マスカラス選手が被っているマスクの中で、一番有名なデザインは『トレード』と名前が付いているものです。額のMマークと鳥の羽型の縁取りに対し、目の部分はティアドロップ型に穴が開いているという、なんとも洒落たデザインなのです。
マスカラス選手は試合では『トレード』のマスクを常に使っていたのですが、入場時には、そのマスクの上から、もう一枚、通称『オーバーマスク』と呼ばれる別のマスク被っていたのです。そしてそれはリングアナウンサーのコールとともに、マスカラス選手が客席に投げ入れるという、なんとも太っ腹なファンサービスのためのものだったのです。当然会場は毎回大騒ぎになったのでした。


テーマ曲『スカイ・ハイ』


マスカラス選手は『選手の入場時にテーマソングを流すこと』を定着させた選手としても有名です。今では当たり前の光景ですが、このマスカラスがオリジンなのですね。使用されていたテーマ曲はジグソーの「スカイハイ」という曲で、まさにイメージにピッタリでしたね。

(『ジグソー』にも『スカイハイ』にも一言あるのですが、まあそれはまたおいおい)


これは日本テレビの『全日本プロレス中継』のプロデューサーが、ディスコで偶然『スカイハイ』を聴いて、マスカラス選手の入場時に流すことを思いついたことから始まったのでした。いやはや実に素晴らしいアイディアですね。

ミルマスカラスその華麗なる世界


これは昭和48年に発行されたマスカラス選手の特集本です。ちなみにプロレス中古本市場では高値安定の品であります。それまで1人のプロレスラーがここまでしっかりと特集された本はありませんでしたので、当時の出版社の英断には敬意を表したいものです。マスカラス選手本人から提供された資料をふんだんに使ったボリュームのある内容で、特にカラーグラビアで掲載されたマスク特集はマニア垂涎の内容でした。



そして、この本が大きな話題になったのには、もう一つ特別な理由がありました。それは『あの本にはマスカラスの素顔が掲載されている』という実に気になる噂だったのです。

実際に掲載されていたマスカラス選手の素顔は、この子供時代の写真と


もう一つは見開きで掲載されていたこの写真でした。


うーん、わかるようなわからないような・・・

マスカラスの素顔は?

マスクマンは「プライベートでもマスクを着用して素顔を隠し通すタイプ」と「プライベートではとっととマスクを脱いでしまうタイプ」の二つに分かれます。マスカラス選手は前者であり、特にファンの間でマスカラス選手の素顔を見たという人間は、僕が知る限り一人もいませんでした。



そうなると関係者に期待するしかないのですが、プロレス村の掟というものは本当に固く、初来日から今に至るまで半世紀もの間、あの『ミルマスカラスその華麗なる世界』の一枚以外、マスカラス選手の素顔に関する写真は全く出てこなかったのです。そうなると後は証言に期待するしかありません。

アランドロン説


長らく言われていたのはこの説です。フランスを代表する悪魔的俳優アランドロン。美男子の代名詞です。これは主に週刊ゴングの関係者が流していた情報ですね。でも僕はこれは話を盛り過ぎという気がします。いくらなんでも出来過ぎだろうという… まあ確かにマスカラス選手は『悪魔仮面』ではあったのですが…

谷村新司説


80年代中ごろには「アランドロンというよりは谷村新司に近い」という話もたまに流れておりました。となると「ではマスカラスはハゲているのか?」ということにもなるのですが、それに対しては「いやハゲてはいない」と否定情報もあるわけです。実際にマスクを悪役レスラーに破られて、マスカラス選手の頭の一部が見えることもあったのですが、そこはいつもフサフサしておりました。

普通のメキシカン説

「何とも言えないんだよね。普通のメキシカンって感じで、これといった特徴がないというか…まあ紳士って雰囲気」と言っていたのは、たしか獣神サンダーライガー選手でしたが、要はハンサムでもブサイクでもないという話で、正直、あんまり面白くない説なのです。まあ実に勝手な話ですが。

突然の素顔披露

そんなマスカラス選手でしたが、1988年(日本公開はその10年後の1998年)に映画の中で突然素顔を公開したのです。そもそもメキシコには『ルチャ映画』というジャンルがありまして、それはマスクマンがマスクのまま日常を暮らしているという、実にアバンギャルドな世界観の映画なのですね。

 


マスカラス選手はそんなルチャ映画の常連でして、その中でマスクのままバイクで疾走したり、マスクのままギャングと闘ったり、マスクのまま恋をしたりしていたのです。そしてそれを観るメキシコのファン側も、もはやその程度の異常には慣れっこというか『マスクのある新しい日常』を当時から受け入れていたのですね。


しかし、1988年に公開された『愛と宿命のルチャ』は、何を思ったのか、日常パートは普通にマスクを脱いで暮らしているという、ルチャ映画にあるまじき多少まともな設定になっていたのでした。そしてそこにはマスカラス選手が、弟のドスカラス選手とともに出演していたのです。そんなわけでマスカラスブラザーズの素顔が、いきなり、あっさりと公開されてしまったのでした。

マスカラスの素顔 Mil Máscaras Unmasks

 




ドスカラスの素顔  DosCaras Unmasks



いやあ今までの秘密主義は一体は何だったんだというようなあっけなさですね。潔いにもほどがあります。そして確かにブサイクではないですね。二人ともかなり整った顔立ちだと思います。そしてこの時、マスカラス選手はもう46歳なんですね。ですのでそこを割り引いて考えると、20~30代の頃はかなりイケメンだったのではと想像できますね。



実はネットで検索すると、マスカラス選手の素顔として出てくる写真がありまして、僕はその写真があまり好きではなかったのです。

 この表情だと、確かに谷村新司っぽいですね。

ですので改めて別写真でマスカラス選手の素顔について採り上げてみたくなったのです。個人的には、マスカラス選手には、是非とも自身が若いころの素顔写真を公開してほしいと思っています。

マスカラスの今

1942年生まれのマスカラス選手ですが、いまだに現役でありまして、70歳代になってからも定期的に来日しております。2013年と2016年にはNOSAWA論外選手とタイトルマッチを行い、ALLLヘビー級とIWAヘビー級のタイトルをそれぞれ防衛しています。2017年にはドラディションに参戦し、藤波選手、武藤選手とドリームタッグを結成しました。さらに2019年にはアブドーラ・ザ・ブッチャー選手の引退興行にも参加し、かつてのライバルの引退式に花を添えています。


初来日からもうすぐ半世紀。
マスカラス選手にはいつまでも元気な姿を見せ続けてほしいなと願っております。



コメント

このブログの人気の投稿

【杉山清貴&オメガトライブ】大ブレイク直後の解散!その理由は? 1985

1985年の春にシングル『ふたりの夏物語』で大ブレイクを果たしたのが、本日の主役である『杉山清貴&オメガトライブ』です。彼らは続くシングル『サイレンスがいっぱい』もヒットさせ、その人気は頂点に達しました。しかし彼らはその直後に唐突な解散発表を行い、当時の世の中を大変驚かせたのでした。
翌年すぐにボーカルの杉山清貴さんがソロデビューしたこともあり、僕などは「売れた途端に仲間を裏切るなんて、杉山清貴という男は冷たいやつだな」などと、杉山さんに対して悪いイメージを持ったものでしたが…実際のところはどうだったのでしょうか?1985年のあの時に、一体オメガトライブに何があったのか? 今日はそんな噺です。

『きゅうてぃぱんちょす』オメガトライブの前身バンドである『きゅうていぱんちょす』は、1980年に行われた『第19回ポップミュージックコンテスト(ポプコン)』において入賞を果たし、音楽プロデューサーの藤田浩一氏の目に留まります。当時は若手ミュージシャンの青田買いが盛んな時期でしたので、この『きゅうてぃぱんちょす』には他からも声がかかったのですが、自身の音楽に納得のいっていなかった彼らはそれを断り、ポプコンの次回大会に再度挑む事にしたのです。

しかし背水の陣で挑んだはずの『ポプコン20回大会』で、『きゅうてぃぱんちょす』は入賞すら出来ずに終わってしまいました。そしてそんな失意の彼らに声を掛けたのは、件の藤田氏でした。
オメガトライブ・プロジェクト当時、藤田氏は自身が完全にプロデュースするバンドのデビューを画策しておりました、その『完全プロデュース』というものの定義を箇条書きしてみますと…
・バンド名、バンドイメージの決定 ・作家陣のプリプロ(康珍化、秋元康、林哲司) ・エンジニアとスタジオミュージシャンの選定 ・ジャケットなどビジュアルの制定 ・タイアップなどのマーケティング ・音楽番組などへのプロモーション活動 ・ボーカル、バンドのスカウティング
というものであり、その全ての決定権を藤田氏が持っていたのです。
バンドを演じるバンド『きゅうてぃぱんちょす』へ藤田氏から出されたデビューの条件は「こちらから提供した楽曲を用いる」「バンド名を変更する」と言うものでした。バンドとしてのオリジナル性が著しく低くなることにメンバーは悩みました。ちなみに杉山さんは当時のことを「ミュージシャンを目指すにあたり4年で芽が…

【ルパン三世】『風魔一族の陰謀』におけるキャスト交代事件 1987

『ルパン三世』はアニメ版放送開始から半世紀を迎えようとしています。さすがに時は流れたもので、2020年現在、放送開始時のオリジナルキャストは次元大介役の小林清志さんのみとなってしまいました。
ここで第2シリーズ以降の『ルパン三世のキャスト交代』というものを振り返ってみますと、 まず挙げられるのは1995年の山田康雄さんの逝去時の栗田貫一さんへの主役交代ですね。この時は映画『くたばれノストラダムス』の公開が迫っている状況でしたので、急遽代役を務め上げた『物真似名人』の栗田さんの熱演は大いに称賛され、山田さんの後継ぎとして自然に認められたのです。 そして記憶に新しい2011年の『五右衛門、不二子、銭形の声優交代劇』の際は、この時点で既にアニメ化から40年が経っておりましたから、そこには『さすがに交代もやむなし』という肯定的なムードが漂っておりました。
栗田さんが就任した際の「徹底的に山田さんを真似をするだけです」という言葉を持ち出すまでもなく、ことルパンに限らず、人気アニメの声優交代は『オリジナルメンバーのイメージ」というものに、通常はある程度寄り添う形で行われるものです。
しかし過去に一度だけ『人気アニメの声優陣をイメージごと総取り替えする』という大事件が起こった事がありました。しかもそれがあろうことか、件のルパン三世において行われたという…
今日はそんな噺です。

ルパン三世のキャストが一新時は1987年。僕が高校2年生の頃「ルパン三世のキャストが一新される事になった」という衝撃的な情報を持ってきたのは、クラスメイトのアニメオタクでした。その「反対の著名活動が始まっているんだ。回ってきたらお前も頼むよ。大ファンなんだろ?」という差し迫った言葉からは、その交代劇が『動かしようのない決定的な事実』なのだという重い空気が滲んでいました。 その後、程なく彼は『ルパン三世の新キャスト』を掲載したアニメ誌を持ってきました。そこに挙げられていたのは
『ルパン三世 風魔一族の陰謀 ルパン 古川登志夫(諸星あたる) 次元  銀河万丈(なんでも鑑定団ナレーション) 五エ門 塩沢兼人(ぶりぶりざえもん) 不二子 小山茉美(則巻アラレ) 銭形  加藤精三(星一徹) というあまりにも斬新な面子でした。いやはや…それぞれの声優さんに恨みはないですが、これではやはり「ルパン」ではないのです。僕は反対著名に記入し、さらには…

【西城秀樹】昭和が愛したスーパースター 1972‐1988

酒席などでは「たのきん世代」とサバ読んでおりますが、実は「新御三家+ジュリー世代」の僕にとって、西城秀樹さんが亡くなった際の喪失感というものは、なかなかのものでした。何と言っても僕が最初に好きになった男性芸能人ですから…思えば僕が人生の節々で長髪にしたくなるのも、幼年期にずっとワイルドでかっこいい秀樹さんの長髪を見ていたからなのかもしれません。


最高のスター芸能人格付け最上位クラス僕は「物心がついた時点でのトップスター」というのが、その人間にとって一番格上のスターになるような気がしているのです。
僕にとって「西城秀樹」という人は「アントニオ猪木」や「石立鉄男」や「佐良直美」や「北の湖」や「三波伸介」や「田中星児」や「大橋巨泉」なんかと並ぶ「芸能人格付けランキング最上クラス」に属している人でありました。


実際、70年代中盤から80年にかけて (「傷だらけのローラ」〜「YOUNGMAN」) のヒデキ人気は、それこそテッペンだったのではないかなと感じております。僕も縁側ステージでよく真似をしておりました。 
ザ・ベストテン唯一の満点
秀樹さんの代表曲「YOUNGMAN」は、TBSの人気番組「ザ・ベストテン」において、史上唯一の満点を獲得したことでも有名な曲ですね。しかも秀樹さんは79年の4月5日と4月12日の2週連続で満点を達成しているのです。これは本当に凄い記録だと思います。ではなぜ満点なのかと言いますと、このベストテンの満点というのは、単純に「レコード売上げ、ハガキリクエスト、ラジオチャート、有線放送リクエスト」の全項目で1位を獲得した場合に算出される点数なのです。だから基本的には減点法なのですね。 ですので、メディアごとに盛り上がりの時差があるはずの4つ項目の中で、その1位が全部揃うというのは、非常に稀なケースなのです。だからこその満点。空前絶後の満点男。秀樹さんは本当に正真正銘のスターなのでありました。
(ちなみに「YOUNGMAN」の満点に次ぐのは、あのピンクレディー「UFO」の9966点でした)
バーモントとは?秀樹さんが亡くなった日、寂しい思いを胸にYOUTUBEでハウスバーモンドカレーの終わりなきヒデキCMをボケっと見ておりましたら、連れ合いに呆れられてしまいました。 そういえばなんでバーモントカレーなんだろうと、調べてみましたら
『開発当時の日本では「バーモント健康法」と…