20世紀@玉手箱 スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2020の投稿を表示しています

ベン・ジョンソンvsカール・ルイス【偽りの9.79】 最上最悪のドーピング事件 1988

これまでに五輪に限らず、様々な「因縁の対決」というものがありましたが、1988年のソウル五輪の 「ベン・ジョンソンvsカール・ルイス」 ほど、世界的に注目され、さらには盛り上がったものはなかったように思います。 そしてそんな注目の舞台において起こってしまった 「五輪史上最悪のドーピングスキャンダル」 について、今日はじっくり噺していきたいと思っています。   史上最大最後の因縁対決 1987年世界陸上ローマ大会の100m走において、それまで 「ブロンズメダルコレクター」と揶揄されていた カナダのベン・ジョンソン選手が、必殺のロケットスタ―トで 「9.83」という驚異的な世界新記録成し遂げ、 アメリカのカール・ルイス選手に圧勝 しました。 それゆえ翌年のソウル五輪は、 世界王者のジョンソン選手に対し、今度はルイス選手がリベンジに挑むという構図になっていたのです。 そんなわけで二人は五輪開催のはるか前からプロレス張りの舌戦も繰り広げており、   「あいつは9.92より早く走れないね(ジョンソン)」 「ロケットスタートなんてフライングさ(ルイス)」 と言いたい放題に盛り上がっておりました。   ルイス有利の戦前予想   ところがこの1988年。ジョンソン選手は怪我による調整遅れのために、あからさまに不調であったのです。一方のルイス選手は何の問題もなく順調に仕上がってきておりました。そして五輪の直前にスイスで行われた前哨戦でも、御覧の通り、冴えないジョンソン選手を抑えて、ルイス選手が華麗に勝利したのです。 これにはルイス選手のシューズを担当する「ミズノ」も、大いに盛り上がっておりまして、 「世界新記録はミズノが作る」 という、かなり強気なルイス選手のCMを流しまくっていたのでありました。 ジョンソン絶不調?三味線?   さてさていよいよソウル五輪本番です。 一次予選でハプニングが起こります。それは ジョンソン選手が一次予選を着順で突破できなかった という事なんですね。それでタイム順で何とか拾われ二次予選に行ける形になったという話なのです。 「やはりジョンソンの不調は深刻だ」 とメディアも浮足立っていました。 しかし僕はその後の二次予選においてのロケットダッシュなどを見て(驚異の50m流し)、これは「ジョンソンの三味線&ちょっとしたミスだろう」と感じておりました。何だか嵐の前

ストロング・マシーン軍団「金太郎飴集団の素顔」1984-1985

新日本プロレスが所属選手の大量離脱に見舞われた1984~1985年の事を、プロレス界では「冬の時代」と呼んでおりますが、そんな時代に突如登場したのが、謎の怪覆面集団「ストロング・マシーン軍団」でありました。今日はそんな彼等の噺です。 キン肉マン登場? 1984年8月24日、新日本プロレスの後楽園ホール大会に 「目出し帽&アメフトのプロテクター姿」 の謎の男が登場し、若手レスラーをタックルで次々と吹き飛ばしました。そしてマネージャー役の若松市政(ショーグンKYワカマツ)と共に、TV放送の解説席にいた猪木選手に挑戦を表明したのです。 当時、新日本プロレスには人気マンガの「キン肉マン」が登場するのではと噂が流れておりました。 その噂を裏付けるようにワカマツマネージャーは『キン肉マン消しゴム(キン消し)』を客席に投げ入れており、さらには、その男の目出し帽から覗き見えるマスクのデザインは、まさに「キン肉マン」そのものだったことから、 『噂のキン肉マンが遂に新日本に登場か?』 と場内は大騒ぎになりました。 不満の声 しかし、それは必ずしも好意的に迎えられたものではありませんでした。そのワカマツマネージャーを伴ってのヒール的登場もさることながら、この「キン肉マン」というギャグマンガのキャラクターが、当時の新日本プロレスファンのストロングスタイル信仰というものに、全く合致しなかったのです。 それゆえ各プロレス誌なども、この新日本プロレスの動向を 『同じマンガから生まれたマスクマンでも、シリアスなタイガーマスクとギャグマンガのキン肉マンでは全く性質が異なる。そういうキャラクターをリングに登場させるのは如何なものか?』 と、かなり否定的に報じていました。 正体は平田淳二 しかもこの時、この「目出し帽男」の正体は、海外武者修行中とされていた「平田淳二」選手だとバレバレだったのです。    何故かこれは平田「淳三」になっている 当時の平田選手は未来の新日本のエース候補でした。 新日道場で同期の前田日明選手らと切磋琢磨してきた地力には定評があり、さらにはボディビルで鍛えられた肉体や、そのいかにもベビーフェイス然したマスクの良さなども、若手時代から大いに人気を呼んでいたのです。 ですので、彼の凱旋を期待していた人たちからは 「何も平田がキン肉マンなんてやらなくたっていいじゃないか?」