ベン・ジョンソンvsカール・ルイス【偽りの9.79】 最上最悪のドーピング事件 1988 スキップしてメイン コンテンツに移動

ベン・ジョンソンvsカール・ルイス【偽りの9.79】 最上最悪のドーピング事件 1988

これまでに五輪に限らず、様々な「因縁の対決」というものがありましたが、1988年のソウル五輪の「ベン・ジョンソンvsカール・ルイス」ほど、世界的に注目され、さらには盛り上がったものはなかったように思います。


そしてそんな注目の舞台において起こってしまった「五輪史上最悪のドーピングスキャンダル」
について、今日はじっくり噺していきたいと思っています。

 


史上最大最後の因縁対決


1987年世界陸上ローマ大会の100m走において、それまで
「ブロンズメダルコレクター」と揶揄されていたカナダのベン・ジョンソン選手が、必殺のロケットスタ―トで「9.83」という驚異的な世界新記録成し遂げ、アメリカのカール・ルイス選手に圧勝しました。

それゆえ翌年のソウル五輪は、世界王者のジョンソン選手に対し、今度はルイス選手がリベンジに挑むという構図になっていたのです。

そんなわけで二人は五輪開催のはるか前からプロレス張りの舌戦も繰り広げており、 

「あいつは9.92より早く走れないね(ジョンソン)」
「ロケットスタートなんてフライングさ(ルイス)」


と言いたい放題に盛り上がっておりました。

 

ルイス有利の戦前予想

 


ところがこの1988年。ジョンソン選手は怪我による調整遅れのために、あからさまに不調であったのです。一方のルイス選手は何の問題もなく順調に仕上がってきておりました。そして五輪の直前にスイスで行われた前哨戦でも、御覧の通り、冴えないジョンソン選手を抑えて、ルイス選手が華麗に勝利したのです。



これにはルイス選手のシューズを担当する「ミズノ」も、大いに盛り上がっておりまして、「世界新記録はミズノが作る」という、かなり強気なルイス選手のCMを流しまくっていたのでありました。

ジョンソン絶不調?三味線?

 

さてさていよいよソウル五輪本番です。

一次予選でハプニングが起こります。それはジョンソン選手が一次予選を着順で突破できなかったという事なんですね。それでタイム順で何とか拾われ二次予選に行ける形になったという話なのです。「やはりジョンソンの不調は深刻だ」とメディアも浮足立っていました。

しかし僕はその後の二次予選においてのロケットダッシュなどを見て(驚異の50m流し)、これは「ジョンソンの三味線&ちょっとしたミスだろう」と感じておりました。何だか嵐の前の静けさというか、爆発前の活火山というか、そんな不気味な感じがしていたのです。

 

決勝レースをデパートで視聴

 

その日は土曜日でありまして、当時は週休二日制ではありませんから、高校生の僕らは授業があったわけです。ですので授業が終わるなりチャリンコで爆走しました。目指すは街中のデパートの家電売り場でのレース観戦です。

そんなわけで僕等がエンドーチェーンの家電売り場に駆け込みますと、そこにはもう人だかりができておりました。選手が横1列に並び「男子100メートル決勝」とテロップが出ております。既に選手紹介も終わっていると言うギリギリの状況で、何とか間に合ったのです。

 

スタートが全て

 

「ベンジョンソン筋肉の塊!」とアナウンサーが言うなり、スタートの号砲が鳴り響きました。僕はこのレースはスタートが全てだと思っていました。実際前年の世界選手権ではスタートの差がそのまま結果となりましたから、ここはジョンソン選手のロケットスタートに対して、スタートの下手なルイス選手がどれくらいの反応で行けるかが、今回の勝負のカギとなると思っていたのです。

果たして…ルイス選手は素晴らしい反応でジョンソン選手との差はほとんどありません。この瞬間、僕はルイス選手の勝利を確信しました。

 

脅威的な加速&世界新記録

 


Ben Johnson 1988 100m

 

しかしながら、ここからジョンソン選手が信じ難い加速をするのです。ぐんぐんぐんぐんスピードが上がります。そしてルイス集団を置き去りに、一人だけ異次元のスピードをキープしたまま、あっという間に1位でゴールしました。しかも片手を高々と上げ、ルイス選手を振り返る余裕ぶりだったのです。

タイムは世界新記録の9.79。不滅的と言われた前年の9.83を打ち破る物凄い記録でした。

 

f:id:koromaro:20200426073029j:plain

力なくジョンソン選手と握手するルイス選手の姿を見て、ルイスファンの僕はすっかり打ちのめされてしまいました。僕はそのまま友人と別れ、パセオ通りを逆走し、宮下町の画家のアトリエに向かい、一人石膏デッサンを描き始めました。そうです。僕はそこで現実逃避をしていたのでした。

 「ジョンソンが予選とは大違いでびっくりした。彼は催眠術でも使ったんじゃないの?」(ルイス選手)

記者会見での死亡フラグ

 

「私の名はベンジャミン・シンクレア・ジョンソン・ジュニアであり、この世界記録は今後50年、或いは100年の間破られることはないだろう。記録より大事なことはカールルイスに勝ち、金メダルを取ったことだ。たとえ記録を破ること出来ても、この金メダルを奪うことは誰にもできない

この言葉はソウル五輪の100mレース後の共同記者会見でのベン・ジョンソン選手の言葉ですが…

まあ今にして読むと「この戦いが終わったらプロポーズするんだ」とか「ちょっと畑の様子を見に行ってくる」という言葉に勝るとも劣らない「死亡フラグ」感がしますよね。

 

ドーピング先進国ブルガリアの敗北

 

当時「ドーピングごまかし技術」が一番進んでいた国はブルガリアでした。それは「ブルガリアのドクターはドーピング界のアイドル」とまで言われる有様で、みんなそれを研究しておりました。そしてそのブルガリアのしっぽを掴むことは、ソウル五輪ドーピングコントロールセンターの至上命題だったのですね。

そして五輪開幕が開幕。ブルガリアの重量挙げ選手2人が金メダルを獲得します。しかしすぐにドーピングが発覚し失格になったのですね。ドーピングセンターの勝利。するとそれを受けてブルガリアの重量挙げチームは全員が棄権。帰国してしまったのです。結局は「チーム全員同じ方法でドーピングしていた」という話なんですな。だから恥を忍んで帰るしかなかったわけです。

そしてこの出来事は開幕したばかりの五輪に衝撃を与えました。おそらく「ブルガリア方式」を用いてドーピングした選手は全員失格になるだろうと。そしてその中には大物アスリートが含まれるのではないかと…。

 

ジョンソン ドーピングで失格!

レースの3日後、採取された尿から禁止薬物が検出されたとして、ジョンソン選手は失格となりました。自慢の金メダルをはく奪され、二年間の選手資格喪失処分となり、カナダチームからも追放されたのです。

失格を伝える当時のNステ


ジョンソン選手から検出された禁止薬物はウィンストロールVという競走馬用(!)のステロイドだったそうです。

「僅かとは言い難い量が検出された」

「ジョンソンは肝臓がオーバーワークになっていて黄疸が出ていた」


f:id:koromaro:20200426084140j:plain

 

ほんと・・・今にして思うのですが「よくもまあバレないと思っていたもんだ」なんですよね。これはもうバレてしまえばバレバレというか「そりゃやってないわけないよな」というのが当時の大方の反応だったように思います。

 

陰謀論

 

その後もいろいろあったのですが、僕はジョンソン陣営の見苦しい言い訳が特に嫌でしたね。「カールルイスの関係者が禁止薬物を混入した」とか「アメリカを優遇するオリンピック委員会の陰謀だ」と人のせいにしまくりでして・・・

僕は彼等が言い訳すればするほど「こういう最低の奴らだからドーピングをするんだろうな」と逆に強く受け止めておりました。 

ジョンソン陣営はソウル五輪の3年前、1985年のマリタ・コッホの女子400Mの世界記録(フルオーガニックには永遠に破れない完全不滅の記録)に衝撃を受けて、ドーピングに手を染めはじめたと後に告白しています。


【陸上】マリタ・コッホ 1985年世界選手権 400m 世界記録47.60

その効果はてきめんで、その2年後の世界陸上1987において、例の9.83を記録するのですね。そしてこの時の検査がザルだったことが、このソウル五輪の大事件につながっていったのでした。

 

イカンガーのコメント

 

この事件に関して色々な選手が色々なコメントを出したのですが、僕が一番印象に残っているのがタンザニアのイカンガ―選手のコメントで

「栄養は薬じゃなく食べ物から摂るものです」

f:id:koromaro:20200426080837j:plain

というものでした。これにはジョイナー姉妹もオットー選手もぐうの音も出ませんね。『ドーピングをしてはイカンガ―』というベタな見出しがスポーツ新聞に踊ったことは言うまでもありません。はい。


スーパースターというもの

 

f:id:koromaro:20200426082125j:plain

 

 

というわけで、ベンジョンソン対カールルイスに話を戻しますが・・・・

 

僕はここで失格にならなくても、結局とどのつまりベン・ジョンソン選手はスーパースターにはなれなかったと思います。これはモハメッド・アリ=カール・ルイス」であるなら「ベン・ジョンソン=ジョージ・フォアマン」みたいなもので、要はジョンソン選手はスターの器じゃなかったと思っています。これは実力がどうのっていう部分じゃないんですね。

 

例えば当時、あの長嶋茂雄さんが浪人全盛期でありまして、彼は日テレ系のスポーツ番組に出まくりだったのです。

f:id:koromaro:20200426081049j:plain

そしてこの「何だか実になれなれしい日本人のおじさん」に、ルイス選手はいきなり肩を抱かれたり「ヘイ!カール!シーユーアゲイン!」なんて呼ばれてびっくりしてしまうのですが、その一方で、ちゃんと礼を尽くした対応をしてみせるのです。
これは持って生まれたサービス精神に加えて、相手の人となりや、その場の空気を読む力が、ルイス選手はとても優れているんだなと感じさせられたものでした。

f:id:koromaro:20200426082249j:plain

それに対してジョンソン選手は長嶋さんに対して露骨に不快感を示したり、彼の呼びかけを無視して素通りしたりするのですな。


まあ要はそういう事ですね。

 

ルイス選手とジョンソン選手に関しては、この三年後の東京の世界陸上の際にもちょっとした出来事があったのですが・・・それについてはまた改めて。


SPORTSの噺


TOP





コメント