20世紀@玉手箱 スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

宮脇康之②【ケンちゃんとケンにいちゃんの裏側】1976‐1980

最近の投稿

悪のり変装曲【なぜルパンの目は赤く光ったのか?】1984

人気アニメ「ルパン三世」において、屈指の「謎エピソード」「トラウマ回」と言われているのが、ルパン三世パート3の第13話「悪のり変装曲」であります。今日はその「謎」を徹底的に紐解いて行きます。 悪のり変装曲 『悪のり変奏曲』は、ルパンの第2シリーズを監修した鈴木清順氏が脚本、監督した作品です。これは原作エピソードの『悪のり』と『変装曲』と『凶』いう、3つのエピソードを強引に組み合わせたオリジナルストーリーになっています。   あの銭形につかまってしまうほど絶不調なルパン   スランプのルパンの元にバカンスのはずの不二子が登場   ルパンを大富豪マダム・ルイサのパーティに侵入させる   城ごと飛び立って戦争見物。貴婦人たちは自慢話   ハイジャックに便乗してルパンは宝石集め    しかしハイジャックに捕えられるルパン  「どうして俺が必要だったんだ」  「あなたの出番はこれからよ」   銭形の元にマダム・ルイサよりハイジャックの連絡が来る   ルパンの身代金はたった10ドルしか集まらない   身代金不足のためルパンの死刑執行を告げる不二子   見世物代わりの死刑の寸前にカラスの大群が襲ってくる   混乱に乗じてルパンを救出する銭形だが、谷底に落としてしまう  貼り付け状態で流されるルパンの元にあのカラスが…   滝の寸前に突如登場した五右エ門。斬鉄剣で拘束を解く   滝の裏側から脱出したルパンだがカラスに襲われる   カラスを殺害して生肉を食らうルパン   マダム・ルイサの変装部屋を発見し、銭形に変装する   傷ついた不二子を発見。それはマダム・ルイサだった   片目を失ったマダム・ルイサはルパンに自身の殺害を依頼  それを断って去るルパン。マダム・ルイサは自害   その後、銭形の「変装防止箱」をカラスと共に突破   スランプを脱し、御機嫌のルパンの元にカラスが舞い降りる  ルパンの目が共鳴したかのように赤く光るも、最後は我に返る   〈終了〉 実は単純な「変装競争」の話 改めてストーリーを見直しますと 「変装の名人であるマダム・ルイサが、同じく変装の名人であるルパンを殺して一番になろうとするも、それに失敗して自殺する」 という、わりと大雑把な話だと思ったりもするのです。しかしながら、何故にここまで皆を悩ませる難解なものとなっているのでしょうか? それはこの物語が 「自